忘年会景品に金券を用意する時の裏ワザ

忘年会景品に金券を用意する時の裏ワザですが、色々な種類がありますので、例えばお酒を飲まない人にビール券が当たっても喜ばれませんので、忘年会の参加者のニーズにあった種類を選択することが重要になります。

主な種類としては図書カード、おこめ券、グルメカード、QUOカード、ビール券、こども商品券などがあります。次に忘年会景品の予算との兼ね合いについて考えなければなりません。
商品券は他の忘年会景品とは違い、値段のごまかしがきかない商品なのです。

実際にかかった金額よりも豪華に見える裏ワザとしては、商品をそのまま渡すのではなく、目録で用意することをおすすめします。

小さいので封筒などに入れたりそのまま渡したりしがちなのですが、大きく金額を書いた目録を渡すことによって、当たった人は金額以上に喜びを感じることができるでしょう。

また金券ショップなどを上手く利用して、少しでも安く仕入れるようにするのもおすすめです。

忘年会景品におすすめなのは?

毎年年末になると、職場や学校の仲間たちで
忘年会が開催されている光景が多く見られます。

さまざまな忘年会景品が用意されていて、豪華なものから
リーズナブルなものまで多種多様に取り揃えられています。

忘年会景品におすすめの商品としては、見た目が派手で
その場が盛り上がるものが人気です。

例えば、家電製品のテレビやオーディオ機器、パソコンなどは
圧倒的な支持を得ています。

ビンゴ大会などを行った優勝者にはこのような豪華な忘年会景品が与えられるため、
参加者全員のモチベーションも高まる効果も期待できるのです。

さらに、持って帰る際にかさばらない金券なども喜ばれます。
図書カードやビール券、お肉引換券などは、どんな家庭でも嬉しいものです。

好きな本や食料品を無料で購入できる図書カードや商品券などを
数点選んでおくと、参加者からの評価も高まります。

このように、年に一度の忘年会の景品選びに幹事が力を入れることによって、
参加者から大いに感謝される結果となるのです。

忘年会景品にお菓子は世間的に有り?無し?

年末の楽しみのひとつである忘年会ですが、幹事を担当するにあたって
多くの人が頭を悩ませるのが、忘年会景品選びです。

忘年会参加者のテンションを大きく左右することもある景品だけに、
誰にでも喜ばれる品物を選ぶことが基本です。

忘年会景品の定番としては、便利な家電や食べ物、商品券など
様々なものがありますが、中でもお菓子は手軽に用意ができることで
人気となっています。

安価でたくさん買うこともできるので、参加賞としても最適ですが、
実際に忘年会景品に採用するにあたって気になるのが、
世間的に有りか無しかという点です。

お菓子というと子供っぽいというイメージを持っている人も多い為、
会社の忘年会景品などには向かないのではないかと考えられがちですが、
実際には世代性別問わず喜ばれる人気の景品のひとつとなっています。

自分で食べるのはもちろん、家に持ち帰って子供へのお土産にすることもできるので、
年配の方が多い忘年会の景品としてもおすすめです。

忘年会景品に温泉チケットはおススメ!

温泉というものは、なかなか滅多に行くことが出来ません。
特に、遠くにこのような施設がある方の場合には、なかなか行くことが出来ないと同時に、
チケットなどでもなければ、行くような理由などが出来ないため、家庭が忙しい方などや、
お子さんなどの子育てが忙しい方にとっては、なかなか行くチャンスが出来ないことが
ある魅力的な施設の1つでもあります。

しかしもし、忘年会景品に、温泉チケットがあるのならば、このような悩みを
解決してくれると同時に、いつも身体が疲れている人、そして冷え性の人にとっては、
これ以上ないくらいに、魅力的な忘年会景品となっています。

もし、忘年会景品にこのような温泉チケットが出ている場合には、みんなが欲しい!と
思うほど、日本人は昔から大好きな施設なのです。

歴史的にも、有名な武将ですら、疲れを癒すために戦いの途中でも、立ち寄ったお湯などが
ありますが、それほど多くの人たちから、歴史を問わず、愛されている場所に
なっているのです。