幹事が頭を悩ませる忘年会景品

ケイヒン

忘年会の幹事になった時には、忘年会景品をどうするかに
頭を悩ませることがあるものです。

喜んでもらえなかったどうしよう、センスの悪い人だと
思われたらどうしようなどと思っていると、選びにくくなってしまい、
困ってしまうものです。

1つ、2つぐらいはセンスの良い物が選べても、
金額のメリハリをつけたりしながら、5個や7個、10個といった
忘年会景品をそろえるというのは結構大変なものです。

ヨロコンデモラウ

そういった時に頼ると良いのが、忘年会景品のセットです。
これは、最初から5点、10点などの景品がそろっているセット商品で、
豪華な物もあれば、中ぐらいの物もありますし、安めの物も入っているなど
金額にメリハリがありますし、内容も色々なジャンルの物が
含まれていますから、トータルバランスに優れていると言えます。

忘年会景品をそろえるのに苦労している幹事の人には、
持って来いの商品だと言えるでしょう。

なお、3点セットという少ない点数のセットもありますし、20点や
30点といった数がたくさんあるセットもありますから、忘年会の
規模に合わせて選ぶことができてとても楽です。

例としては、10点セットの中で一番良い景品が
テーマパークのペアチケットで、一番ランクの低い景品が
お茶漬けセットといった感じです。

一番ランクが低いといっても、複数の味が楽しめる内容で
3,000円ぐらいする商品ですから、当たってもちっとも嬉しくない、
ということはないでしょう。