カテゴリー: 忘年会の景品に

忘年会景品に温泉チケットはおススメ!

温泉というものは、なかなか滅多に行くことが出来ません。
特に、遠くにこのような施設がある方の場合には
なかなか行くことが出来ないと同時に、チケットなどでも
なければ行くような理由などが出来ないため、家庭が忙しい
方などや、お子さんなどの子育てが忙しい方にとっては
なかなか行くチャンスが出来ないことがある
魅力的な施設の1つでもあります。

疲れを取るお宿

しかしもし、忘年会景品に、温泉チケットがあるのならば
このような悩みを解決してくれると同時に、いつも身体が
疲れている人、そして冷え性の人にとってはこれ以上
ないくらいに、魅力的な忘年会景品となっています。

もし、忘年会景品にこのような温泉チケットが
出ている場合には、みんなが欲しい!と
思うほど、日本人は昔から大好きな施設なのです。

疲れを取るお宿

歴史的にも、有名な武将ですら
疲れを癒すために、戦いの途中でも
立ち寄ったお湯などがありますが
それほど多くの人たちから、歴史を問わず
愛されている場所になっているのです。

忘年会景品に金券を用意する時の裏ワザ

忘年会景品に金券を用意する時の裏ワザですが、
色々な種類がありますので、例えばお酒を飲まない人に
ビール券が当たっても喜ばれませんので、忘年会の参加者の
ニーズにあった種類を選択することが重要になります。

主な種類としては図書カード、おこめ券、グルメカード、
QUOカード、ビール券、こども商品券などがあります。

チケットギフト

次に忘年会景品の予算との兼ね合いについて
考えなければなりません。

商品券は他の忘年会景品とは違い、値段のごまかしが
きかない商品なのです。

実際にかかった金額よりも豪華に見える裏ワザとしては、
商品をそのまま渡すのではなく、目録で用意することを
おすすめします。

豪華に見せる裏ワザ

小さいので封筒などに入れたり
そのまま渡したりしがちなのですが、
大きく金額を書いた目録を渡すことに
よって、当たった人は金額以上に
喜びを感じることができるでしょう。

また金券ショップなどを上手く利用して
少しでも安く仕入れるようにするのもおすすめです。

幹事が頭を悩ませる忘年会景品

忘年会の幹事になった時には、忘年会景品をどうするかに
頭を悩ませることがあるものです。

喜んでもらえなかったどうしよう、センスの悪い人だと
思われたらどうしようなどと思っていると選びにくく
なってしまい、困ってしまうものです。

1つ、2つぐらいはセンスの良い物が選べても、
金額のメリハリをつけたりしながら、5個や7個、
10個といった忘年会景品をそろえるというのは
結構大変なものです。

多めのセット

そういった時に頼ると良いのが、忘年会景品のセットです。
これは、最初から5点、10点などの景品がそろっている
セット商品で、豪華な物もあれば、中ぐらいの物もありますし
安めの物も入っているなど金額にメリハリがありますし、
内容も色々なジャンルの物が含まれていますから
トータルバランスに優れていると言えます。

忘年会景品をそろえるのに苦労している幹事の人には
持って来いの商品だと言えるでしょう。

なお、3点セットという少ない点数のセットもありますし、
20点や30点といった数がたくさんあるセットもありますから
忘年会の規模に合わせて選ぶことができてとても楽です。

例としては、10点セットの中で一番良い景品が
テーマパークのペアチケットで、一番ランクの低い景品が
お茶漬けセットといった感じです。

ランク別に揃う

一番ランクが低いといっても、複数の味が楽しめる内容で
3,000円ぐらいする商品ですから、当たってもちっとも嬉しくない、
ということはないでしょう。